がんは死因の第一位

投稿日:

平成25年北九州市では、1万613人の市民が亡くなり、そのうち、3292人ががんでなくなりました。

これは市民の3人に1人ががんで死亡していることになります。

しかし、北九州市における平成26年度のがん検診の受診率は「子宮頸がん検診」23.1%、「乳がん検診」15.4%、「大腸がん検診」7.5%、「肺がん検診」3.6%、「胃がん検診」2.4%であり、まだまだ低いことがわかります。

がんを早期発見し、早期治療ができれば、さまざまな利点があります。

例えば、

  1. 乳がんは乳房を残す手術が可能になり、胃がんはお腹を大きく切らずに内視鏡でがんを切除できるなど、手術が簡単になる場合があります。
  2. 放射線治療や薬剤治療などの治療期間も短くて済むため、治療による身体的負担が少なくなります。
  3. 入院日数が少なくなり、職場復帰も「早くできるため、経済的負担も軽減します。
  4. 治療後の日常生活への影響が少なくて済みます。

個のように早期発見できれば、治癒率が高くなるだけでなく、自分自身や家族への負担軽減にすながるのです。

また、福岡県の北九州市と言えばTBCという脱毛サロンがあります。
平和通駅近くで交通アクセスもバツグンです。