ヘビースモーカーはしわだらけになりやすい

投稿日:

タバコは気管や肺などにトラブルを起こしてしまうだけでなく、肌にも大きな害があるのをご存じでしょうか。

タバコを吸うと老け顔になる「スモーカーズ・フェイス」とは

タバコが健康に悪いということは多くの人が理解していることだと思います。
分かっているけど、やめられない・・・という人に知っておいてもらいたいのが、タバコの肌に対する影響です。

「スモーカーズ・フェイス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
タバコを吸う人の特徴的な顔のことで、肌は老化が進んでシワが増え、実年齢よりもはるかに老けた顔になるのが特徴です。

なぜ、肌に悪いのかというと、まず、タバコはビタミンCを消費してしまうのです。
するとコラーゲンの生成に必要なビタミンCが不足し、ハリやツヤがない肌に。
さらに、タバコは血行も悪くするため、唇や肌の色はくすんでどんよりとして、増えた活性酸素によってシミもできやすい状態になっているというわけです。
毎日見ている自分の顔だと気づかないかもしれませんが、これはさまざまな追跡調査においても分かっていることです。
防ぐためにも、タバコを今すぐやめることをおすすめしたいと思います。

ストレス解消目的であれば別の方法に変えるべき

タバコはストレス解消法なのでやめられないという人もいるかもしれません。
ですが、ストレス解消法はいろいろあるはずです。
例えば、自分の好きなペットや家族の写真を眺めるだけで、ストレスが解消されることが報告されています。
アロマオイルを楽しむなどもいいでしょう。

また最近は、禁煙パッチや禁煙ガムなどの禁煙を助けてくれるグッズも多いので、是非活用してみることをおすすめします。

テレビを見ながら腹筋を鍛える

投稿日:

腹筋を鍛えるのに激しい運動は不要です。
いつでもどこでもできる手軽な”ながら”エクササイズで、ポッコリおなかを撃退しましょう。

座ったままでOK 筋トレは手軽にできる

日常の中で体を動かすことが、健康や若々しさのためにいかに重要か、ということは繰り返し述べました。
日常の動作の中での運動に慣れてきたら、今度は同時に筋トレでぽっこりお腹を撃退しましょう。

「筋トレ」と聞くと、きちんと気合いを入れてトレーニングしなければ・・・・・、と思う人も多いかもそれません。
ですが、ここで紹介する方法は、わざわざ時間を作るなど気負う必要はありません。

ソファに座って自宅でテレビを見ているときや、のんびりとイスに腰かけているときなどの”ながら”時間で腹筋を鍛えることは可能なのです。

時間を作る必要はゼロ!”ながら”時間で腹筋を鍛える

やり方はとても簡単です。
まずソファやイスに座る際、なるべく浅く腰掛けるようにします。
そしてそのままギュッとお腹に力を入れて、背中を少し丸めます。
両手はひざの上において楽にするか、本などを持っていても大丈夫です。
次にあごを引き、上体を5秒かけながら後ろに倒していきます。
背もたれにつくぎりぎりになったら、そこでキープ!
そのまま5秒数えましょう。
このとき呼吸をするのを忘れずに。
5秒間たったらゆっくり元の位置に戻ります。
これを10回を目安に繰り返します。
心地いい筋肉疲労を感じることでしょう。

個のエクササイズをしていな時でも、座っているときは背筋を伸ばすことを心がけるようにしましょう。
肩や首のこりを予防できたり、腹筋と背筋のバランスを整えたりすることにつながりますよ。

丁度いい量を食べるコツ

投稿日:

丁度いい量を食べていれば、太ることはありません。
長生きの基本は、腹7分目です。
満腹になるのはおすすめできません。

食欲をコントロールしてくれるホルモンとは?

食事中、もうおなかがいっぱいのはずなのに、口に食べ物を入れ続けてしまう・・・。
そんな経験がある人もいるのではないでしょうか。

ストレスがたまっていることで起こるヤケ食いやドカ食いの場合もありますが、もしもその理由が脳の満腹中枢に問題があるせいだとしたらどうでしょう。

胃の中に食べ物が送り込まれて、食べ物が消化・吸収されると血糖値が上昇します。
このとき、「レプチン」というホルモンが満腹中枢に働いて「もうお腹いっぱい。満足だ。」という信号を脳に送ります。

このレプチンというホルモンは脂肪細胞から分泌されて、脳が受け取るという仕組みなのですが、この仕組みが故障してしまった人の多くが太ってしまうということが分かりました。

他に「インスリン」も満腹中枢を刺激することが分かっています。
インスリンは、食事をして血糖値が上がったときに分泌されるホルモンです。

食べる順番を変える!食欲コントロール術

太らない食べ方をすることは健康長寿に繋がります。
おすすめの方法は食べる順番を意識してみること。

最初にサラダなど食物繊維の豊富な食べ物から箸を付けます。
最初に食物繊維を取ると、消化に時間がかかり、その後に食べる脂肪分や糖質の吸収をゆるやかにしてくれます。
次にメインの肉や魚、ご飯を食べるようにします。
血糖値が急上昇せず、満足感や満腹感も得られやすくなります。

脳の若い人は料理上手

投稿日:

料理の時間は脳のトレーニングタイムです。
毎日、脳をフルに使って楽しみながら料理をしましょう!

思考、決断、柔軟な発想…料理は脳をフル回転させるトレーニング

日常当たり前のように行う料理ですが、実は脳を活性化し、鍛える作業でもあるのをご存じでしょうか。

献立を考え、材料を集めて料理する。
一見単純そうに見えるかもしれませんが、実に頭を使います。
料理には、思考力や決断力、柔軟な発想が必要なのです。

認知症になった人は献立を考えるのがいやになり、毎日同じ料理を作るようになるといいます。
味付けも適当になり、どんどん美味しくなくなっていくのだそうです。

つまり、料理を工夫して作れている間は脳が若々しいままということです。

脳を活性化するためのより効果的な料理法三つ

料理をするとき、より効果的に脳を活性化させるポイントを三つご紹介したいと思います。

一つ目は、初めて作る難しい料理に挑戦すること。
料理の工程をイメージしながら作ることで、脳をまんべんなく鍛えることができます。

二つ目は残り物で別の料理を作ってみること。
昨晩のカレーをグラタンにしてみよう、カレーうどんにしてみよう、など残りものを別の料理に変身させるためには脳をいろいろと回転させなければなりません。
ひらめきは、脳を栄養分にもなります。

三つ目は、美しい盛り付けに気を配ってみること。
食器を変えてみたり、料理の色合いをよくしたり、テーブルコーディネートを考えることは想像力が必要なことです。
脳にとって非常にいいトレーニングになります。

冷え性の解消にはかかとを上げ下げ

投稿日:

女性の大敵冷え、血流をよくして、改善していきましょう。

やっかいな女性の冷え問題

女性は冷え性で悩んでいる人が多いです。
特に寒い季節になると症状が悪化するため、寝付きが悪くなったりなど、さまざまなやっかいな症状が出ますよね。

そもそもなぜ男性よりも女性に多いのでしょうか。
これにはいくつかの原因が考えられるのですが、一番は脂肪が冷えやすいという性質が考えられます。
筋肉に比べて脂肪は熱を通しにくいのです。
そのため男性に比べると筋肉よりも脂肪の方が多い女性は、冷えやすくなってしまうのです。

また、女性のファッションも関係しています。
薄着であったり、ボディを締め付けるデザインのファッションアイテムは、血流を悪くするため、体を冷やすことにつながります。

かかとの上げ下げ運動でポカポカに

冷え性の改善のために効果的なかかとの上げ下げエクササイズをご紹介したいと思います。

やり方は簡単。
かかとを上げて、つま先立ちでそのまま5秒間キープするだけです。
その後は、ゆっくりかかとを下します。
数回繰り返すようにしましょう。

このエクササイズを行うと、体の中でもっとも冷えやすい足先への血液の循環がよくなります。

全身の血液のポンプ機能を担っているふくらはぎも刺激できるので、全身の血流がよくなり、冷えを改善。
ポカポカとしてくるのを感じるはずです。

毎日気付いたときに行ってみてくださいね。
これを続けていけば、寒い季節でも辛い思いをしなくて済みます。

家事の最中は前かがみにならない

投稿日:

毎日の家事で、体に負担を抱えている人も、多いのではないでしょうか。
ほんの少し姿勢に気を付けるだけで、かなり楽になります。

姿勢に気を付けるだけで腰への負担が大きく減る

毎日行わなければいかない家事は意外と体力を使うものです。
腰疲れがたまっている…なんていう人もいるのではないでしょうか。
これは台所仕事や掃除などを行うときに、気が付かないうちに前かがみになっていることが原因かもしれません。
そこに大きな落とし穴があります。

実は前かがみ姿勢は、腰にかかる負担が直立時の1.5~2倍以上と言われているのです。
日々行う家事でそれだけ体に負担がかかるのは良くありませんよね。
腰痛の原因にもなりかねません。

そこで、少しでも家事を楽に行うために気を付けていただきたいのが姿勢です。

例えば掃除機をかけるときは、掃除機の柄を長くして使うようにしてみてください。
自然と背筋を伸ばすことができます。

雑巾がけも片方の膝を床に付ければ、背筋を伸ばして行うことができます。

腰に負担をかけず、家事の最中にエクササイズ

また家事には、かなりの運動効果があることが分かっています。
例えば、標準体型の成人の場合、20分間のストレッチは27~34キロカロリー消費するのに対し、同じ時間お風呂掃除をすると51~64キロカロリー、掃除機をかける場合は、46~57キロカロリー消費することになるのです。

そこでさらに姿勢にも気を付ければ、より代謝を上げ、脂肪を燃焼させることができるというわけです。
姿勢を良くすることで、腹筋を鍛えられ、腰に負担をかけずにインナーマッスルを鍛えることにもつながります。

エスカレーターを使うと老化が進む

投稿日:

エスカレーターやエレベーターを使うことに、慣れてしまっていませんか?
その行動は、あなたの老化をどんどん進ませてしまっているかも…。

よく動く人は脳が若々しい 便利さに甘えると老化する!

私たちが生きる現代社会は生活するのにとても便利です。

都会ならばどこでも、交通機関は縦横に発達してますし、駅もビルもエスカレーターやエレベーターが完備してあります。

ですが、これは私たちが意識的に動かなくても、何でもできる生活環境に変化しているともいえます。
だからといって、このような文明の利器に頼り過ぎるのはおすすめできません。

可能な限り、自分の足を使いたいものですね。
高齢になっても元気にイキイキと生活を送る秘訣はよく動くことだからです。
たとえ高齢であったとしても、筋肉は使えば使うほど、日々太く強さが増すことが分かってます。

しかし逆に、使わないでいると、衰えるのは本当にあっという間なのです。

鍛えるべきは下半身 歩かないでいると危ない!

たった1日動かないだけで、全身の筋肉の約3%が失われます。

高齢者の場合、1ヵ月程度寝たきりでいると、もうほとんど歩けなくなってしまうといわれているのです。
これは大変なことです。
意識的に体を動かして、鍛えるようにしましょう。

そこで、動かすべき一番重要な部分は下半身です。

人間の下半身には、体全体の筋肉の3分の2もの量が付いています。
さらに、これらの筋肉群は脳の一部分である脳幹と、神経でつながっているのです。

脳幹とは、自律神経を整え、呼吸や血圧、体温などを調節する機能がある器官のことです。
この脳幹が動かなくなってしまうことを脳死といいます。
つまり、脳幹は私たちが生き要を担っている部分ということですね。

ということは、脳幹を正常に働かせるためにも、体を動かすことは、欠かせないというわけです。

下半身をしっかりと動かして、体全体の血行をよくして、脳幹を刺激すれば、いくつになっても脳幹は正しい指令を体のあちこちに出すことができます。
それは、若々しさを保つことにつながるのです。

健康と長生きのために、意識してどんどん体を動かすようにしましょう。

エスカレーターやエレベーターは見かけてもスルーする

ですが、体を動かすといっても、ジム通いや激しいスポーツをすすめるわけではありません。
日常の中でエスカレーターやエレベーターを使うことをやめて、階段の上り下りをするだけで十分です。
たとえエスカレーターやエレベーターを見つけても、存在をスルーするようにしましょう。
毎日のように階段を選んで使っていると、体が自然に階段を使うようになってきます。

たったそれだけで体も脳も若々しさを維持することができます。
費用がかからず、簡単に実践できる、理想的なトレーニングといえますね。

また、太っている人は、エスカレーターやエレベーターを使わないだけで、消費カロリーがアップしますので、無理なく減量をすることができます。

スリムな体形で健康にアクティブに人生を過ごしましょう。

健康のためにはコーヒーでブレイクタイムを

投稿日:

コーヒーにはさまざまな病気のリスクを減らし、美と健康長寿をもたらす素晴らしい効果があるのです。

がんを予防するために毎日コーヒーを飲もう

コーヒーは不眠や、胃を荒らす原因になると思って、飲む量を節制している人も多いのではないでしょうか。

コーヒーは発見された当初、頭痛や心臓の薬などとして使用されていました。
実は昨今、コーヒーの健康効果がさまざまな研究機関から発表されているのです。

日本の国立がん研究センターの研究グループは、40~69歳までの男女約9万人を約10年間追跡調査し、「1日に5杯以上コーヒーを飲む人の肝がん発症率は、コーヒーを飲まない人の4分の1」と発表しました。
これにより、コーヒーの抗酸化、抗炎症成分が肝炎の進行を抑えて、肝がんへ進行するのを止めていることが推測されます。

日本人女性は、がんの中でも大腸がんによる死亡率がもっとも高いと言われています。
ですが、岐阜大学の研究グループが1992年から8年間にわたって、35歳以上の地域住民約3万人に行った調査結果によると「コーヒーを飲まない人の大腸がん相対リスクを1とした場合、毎日1杯以上飲む人は男性で0.81、女性で0.43」。
なんと女性においては、大腸がん相対リスクが半分以下に抑えられていることが分かりました。

認知症やアルツハイマーの予防にも効果的

フィンランドとスウェーデンの合同研究チームが20年以上にわたり50代の男女1409人を対象に、コーヒーを1日にどれだけ飲むかについて、「2杯まで」「3~5杯」「6杯以上」のグループに分けて追跡調査を行いました。

その結果、「中高年の時にコーヒーを1日3~5杯飲んでいたグループは、高齢になったとき、それ以外のグループと比べて認知症やアルツハイマー病を発症するリスクが60~65%も低い」ことが判明したのだそうです。
このとき、紅茶では差がなかったとのこと。
また、オランダの研究グループは、世界中の9件の大規模な追跡調査の結果をまとめて、「コーヒーを1日に6~7杯飲む人は、2型糖尿病の発生率は0.65倍」と報告しています。

コーヒーは現在において、さまざまな健康効果が実証されたわけです。

肌が黒くなるという噂はウソ!美容効果も抜群のコーヒー

コーヒーには、「肌が黒くなる」「シミになる」などなど、美容によくないという噂がいくつもあります。
ですが、実際は全くの逆です。
コーヒーには女性の大敵であるシミを予防する効果も発見されているのです。

お茶ノ水女子大学大学院の近藤和雄教授は、30~60歳までの女性131人のシミを、肌の奥の組織に隠れているシミまでチェックできる機械で測定しました。

被験者を「コーヒーをまったく飲まない」「たまに飲む」「1日1杯飲む」「1日2杯以上飲む」とグループに分けて行ったところ、「コーヒーを飲む量が多い人ほど、紫外線によるシミが少ない」という結果が出たとのこと。

つまり、コーヒーは健康効果があるだけでなく美容にも効果的な、ミラクルドリンクだったというわけです。

ぜひ一息つきたい休憩時には、コーヒーを飲むようにしましょう。

 

人と会うと脳が刺激される

投稿日:

あなたは頻繁に人と会っていますか?
電話やメール、SNSばかりでコミュニケーションを取っていると、脳の老化が進んでしまうかもしれません。

メールやSNSを控えて人と直接会って脳を刺激する

昨今、ほとんどの人が携帯電話やパソコンを持っています。
人といつでもコミュニケーションを取ることができる、便利な時代になりました。
しかし、こうした機器を活用すればするほど、人と実際に合う機会は減っているのではないでしょうか。

実は、脳を若々しく保つためには、人と直接会うことこそが重要なのです。

人とのコミュニケーションは、心を温かく満たし健康にしてくれます。
そしてそれは、表情や感情が分かりやすい方法を取ったほうが効果的なのです。

また、初めて会う相手や、好きな人と会っているときは、特に脳が活性化することが分かっています。

初めて顔を合わせる相手と話すときは、少し緊張状態で脳をフル回転して会話する必要がありますよね。
これは脳にいい刺激になります。
好きな人の場合もそうです。
さらにドキドキして胸がときめけば血流もよくなります。
脳を活性させるためにも、どんどん人に会いにいきましょう。

自分独りの時間も持って脳に休息を メリハリを付けることが大切

人と会うことが大切なのと同時に、本当の意味で「独り」になる時間も、脳のために必要です。
携帯電話やパソコンを使えば、世界中の人とすぐにつながることができるようになりましたが、幅広い人や世代にSNSなどが普及し、常に誰かから監視されている気がすることはありませんか?

たまには携帯電話やパソコンと少し距離をおき、脳を休ませてリフレッシュさせることも健康の秘訣です。

胃もたれしやすい人は体の右側を下にして寝る

投稿日:

不快な胃もたれは寝方に気を付けることで改善。
胃を助けてあげることができます。

胃もたれを改善するためには右横向きに寝る

年齢を重ねるごとに、胃に悩みを抱える人も多くなります。
特に胃もたれは日常生活の中で不快な症状ですよね。
しかし、この不快感は胃の構造に合った姿勢を取ることで改善できるのです。

胃で消化されたものを腸に送り出すときに一番ベストな姿勢は、体の右側を下にして横向きに寝ることです。
仰向けに横になると、消化したものがずっと胃にたまった状態になりがちなので、胃もたれしているときはNGです。

右側を下にして5分間以上横になり、胃もたれを改善させましょう。

日本人に多い瀑状胃

日本人には体質的に胃での消化に時間がかかってしまう人が、10人中2~3人はいるといわれています。

この体質は、「瀑状胃」と呼ばれているものです。
食べたものが胃上部に滞って、胃の下部で分泌される胃酸がうまく利用されず、結果胃酸が過剰に分泌されて胃炎を起こしやすい体質です。

この体質の人は1回の食事の消化に8時間近くかかることもあります。

健康診断などでこの体質であることを指摘されたり、症状が当てはまったりする人は、食後の姿勢を工夫して胃の消化をサポートしてあげましょう。

まず食後は体の左側を下にして横向きに寝ます。
次にうつぶせになり、最後に右側を下にして横になるように。
そうすることで胃の消化と消化物の移動を助けることができますよ。