食生活のポイント

投稿日:

まずは自分の必要なエネルギー量を把握し、そのなかで栄養素を過不足なくとれる献立づくりをしましょう。

バランスのよい食事づくりは主食・主菜・副菜が基本

主食

ごはん、パン、麺類など、主に炭水化物の供給源
大切な栄養素ですが、血糖値を上げ過ぎないよう食べ過ぎには要注意。
おおよその食べる量を決めておきましょう。

主菜

肉や魚介類、卵、豆腐などの大豆製品を使ったおかずは、主にたんぱく源
食物繊維が豊富な野菜が入ったメニューを選んだり、味付けにも、カロリーゼロの甘味料を使うなど、少しずつカロリーを下げる工夫をしましょう。

副菜

野菜、海藻、きのこなどを使った副菜は、主にビタミン、ミネラル源
2品目は代わりに汁物にしてもOKです。
低エネルギーの食材を活用して、満足感ある食卓づくりを。

  • ひとり分ずつ盛りつけると、食べる量が把握できます。
  • 皿数が多いと食卓が賑やかに感じられ、量を抑えても満足感を得やすい効果もあります。

基本に加えて、こんなことにも注意しましょう

外食や中食を利用するときは

おすすめは主食、主菜、副菜のそろった定食。
丼ものや麺類など単品メニューのときは、具沢山のものを選んだり、野菜を使った小鉢をプラスして栄養素のバランスをよくしましょう。
最近はエネルギー量や栄養成分を表示した店や弁当・惣菜も増えています。
上手に活用しましょう。

甘いお菓子は控えめに

血糖値を急上昇させやすい砂糖が多く含まれています。
「まったく間食しないのはつらい」という場合は、カロリーゼロの甘味料を使って手作りするなど、工夫してみるのもよいでしょう。
また、間食も食事の一部と考え、1日のうちに食べてもよいとされる量の果物や豆・芋類、乳製品などを「おやつ」に振り分けるのも方法です。

アルコール類は控えめに

エネルギーは高くても栄養素はほとんど含まれず、主食の代わりにはなりません。
また、おつまみの選び方や量にも注意が必要です。

飲み物の「砂糖」も要注意!

コーヒーや紅茶に入れる砂糖もエネルギーアップのもと。
カロリーゼロの甘味料を活用するのもひとつの方法です。
またジュースなどの清涼飲料は糖分が高いものも多く、血糖値を急上昇させてしまうので気をつけて。

http://about-placenta.net/

口腔セルフケア

投稿日:

お口の健康はそのまま、元気はつらつ、いきいき長寿の基本につながります。

毎日、自分で実行できるセルフケア

毎食後、就寝前の歯磨き

  • 歯間ブラシや糸ようじも使いましょう。
  • フッ化物配合の歯磨き剤を使いましょう。
  • 入れ歯もきれいにしましょう。

規則正しい食生活

  • 甘い食べ物や飲み物の摂り方に気を付けましょう
  • よく噛んで食べましょう
  • 歯と口のセルフチェック
  • お口の体操
  • 禁煙

あたり前のことのように思われるかもしれませんが、意外とできていないことも多いようです。

このような口の中のケアを毎日行うことは、全体の健康にもつながってきます。

体調の不良を感じる前にまずは口の中の健康から始めてみてはいかがでしょうか?

口の中にいる雑菌や歯周病菌が増殖しすぎると、その菌が血液に乗って全身をめぐるようになります。

それによって、動脈硬化・肺炎・糖尿病、女性であれば、早産や低体重児童主産を引き起こしてしまうこともあります。

たかが口と侮らず、口と様々な体の不調には密接な関係があることを認識してください。

骨粗鬆症の症状と原因

投稿日:

骨粗鬆症の症状

「骨粗鬆症」とは骨の量が減り、質も劣化して、骨の強度が低下して骨折を起こしやすくなった状態です。

骨粗鬆症になっても痛みがないのが普通です。

しかし、ちょっとしたはずみで背骨が骨折したり、転んだときに手首、太もものつけ根などの骨折が生じやすくなります。

骨折すると、その部位が痛くなり動けなくなります。

背骨が一つ、また一つとつぶれていくと、背中が丸くなったり、腰が曲がったりして、歩きづらくなってきます。

骨粗鬆症の原因

骨の中では、古くなった骨が吸収されて新しい骨が形成されることが繰り返されており、骨吸収が骨形成よりも盛んになると、骨がスカスカになってきます。

男性にも見られますが女性に多く、主に閉経後のホルモンバランスの崩れによっておこります。

ほかには老後や遺伝的な体質、偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の飲酒、家の中に閉じこもり外出しない生活習慣などが原因になります。

続発性骨粗鬆症では、甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能亢進症、関節リウマチや糖尿病などの病気や、胃の切除、ステロイド剤の長期服用なども原因になります。

これらの原因が少なからず結成酸素が関与しているともいわれています。

この活性酸素に有効に働くものとして水素風呂です。

 

糖尿病を放置

投稿日:

糖尿病を放置しないでください。

医療機関や検診で糖尿病と言われたことのある人の中で、「治療を受けていない」人の割合は男女ともに働きざかりの30~40代が最も多く、約6割が未受診か治療を中断しています。

糖尿病を予防し、重症化を防ぐためには

  1. 食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足などの生活習慣を改善し、インスリンの過剰な分泌を予防し、自分の膵臓を守ってください。
  2. 糖尿病の早期発見・早期治療のために毎年の検診、必要な保健指導を受けてください
  3. 糖尿病と診断されたら、運動療法、食事療法、服薬をきちんと継続し、血糖値を管理することがなによりも大事です。治療が中断している人は再度受診して自分の検査データを確認し、ヘモグロビンA1c値をコントロールしてください
  4. 糖尿病関連のイベントに参加して、糖尿病予防に取り組みましょう。

糖尿病関連イベントの例

糖尿病フェスタ

講演会や血糖値測定、個別相談などが受けられます。

世界糖尿病デー啓発街頭活動

コンサートや講演会、糖尿病関連パネル展示、血糖値測定などが受けられます。

 

糖尿病を正しく

投稿日:

日本には「糖尿病が強く疑われる人」が約950万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」が約1100万人いると推測されています。(平成24年国民健康・栄養調査)

糖尿病を知っていますか?

糖尿病は膵臓から出るインスリンというホルモンの働きが低下して、肝臓や筋肉にブドウ糖が取り込めなくなり、血液中の糖が多くなる病気です。

糖尿病は自覚症状がないまま進行します

肥満や運動不足、ストレスなどでインスリンが効きにくい状態になると膵臓はインスリンを過剰に分泌し、この状態が長く続くと、膵臓が疲弊してインスリンを作る能力が低下してしまいます。

インスリンの出る量が減ると、血液中に増えた糖が脳や腎臓、神経などを傷つけるために心筋梗塞、脳卒中、腎不全や失明などの重い病気を引き起こします。

そのような重篤な状態になるには10年以上かかりますが、それまではほとんど自覚症状がないため、治療をせず、放置したり、治療を中断してしまったりして、気が付かないうちに糖尿病が悪化していることが多いのです。

がん相談支援センターって?

投稿日:

がん相談支援センターは、全国のがん診療連携拠点病院などに設置されている相談窓口です。

また、がん診療連携拠点病院は、全国どこに住んでいても、質の高いがん医療が受けられるように厚生労働大臣や県知事が指定した病院で、治療の内容や設備、がんに関する情報提供などについて一定の基準を満たしています。

がん相談支援センターは、患者や家族だけでなく、誰でも無料で利用できます。

ただし、担当医に代わって治療について判断することはできません。

相談は電話でも受け付けます(匿名での相談も可)。

相談した内容が本人の同意なしに他者に知られることはありません。

漠然とした不安や疑問でも、相談することにより、問題が明確になり、自分の考えを整理することができるかもしれません。

各病院に「がん患者サロン」があり、家族が集い、情報交換や交流などをしています。

こんな相談もOK

  • セカンドオピニオンって何ですか?どうすれば受けれるの?
  • 自分のがんや治療について詳しく知りたい。
  • 色々と考えてしまって、夜が眠れない。
  • 検査の結果が出るまで落ち着かない。
  • 手術まで時間がかかるが、その間に進行しないだろうか?

がんの早期発見

投稿日:

がんの大きさが1~2cm程度の早期のうちに発見できる期間はたった1~2年です。

この期間に発見し、治療を受ければ、約9割は完治するするといわれています。

がんの恐ろしさは、初期にはほとんど自覚症状がないことです。

「私は健康だから大丈夫」という自己判断が最悪の事態を招くことになるかもしれません。

そうなる前に定期的に検診を受けましょう。

がんが進行すると、胃がんは空腹時の不快感、肺がんはなかなか治らない咳や胸の痛み、子宮頸がんは出血・月経が長引くなどの症状が現れます。

いつもと違う症状が現れたり、なかなか良くならない場合は、検診を待たずに医師の診断をうけましょう。

がんの多くは、生活習慣や環境要因の見直しで予防できることが分かっています。

国立がん研究センターの研究では、「たばこを吸わず、副流煙も避ける」「継続して適度な運動を行う」「適切な体重維持」「お酒は適度に」「バランスの取れた食習慣と塩蔵品を控える」という5つの健康習慣を意識することで、がんのリスクが低くなるころがわかっています。

誰ももがつらい思いをせず、健康な毎日を過ごすために、出来ることから始めて自分の命を自分で守りましょう。

また、美しさを守るという意味では、脱毛も女性には欠かせません。
その脱毛でお勧めするのはトータルエステティックサロンのジェイエステです。
ジェイエステはトータルエステティックサロンというだけあって、脱毛とエステの両方を兼ね備えています。

 

がんは死因の第一位

投稿日:

平成25年北九州市では、1万613人の市民が亡くなり、そのうち、3292人ががんでなくなりました。

これは市民の3人に1人ががんで死亡していることになります。

しかし、北九州市における平成26年度のがん検診の受診率は「子宮頸がん検診」23.1%、「乳がん検診」15.4%、「大腸がん検診」7.5%、「肺がん検診」3.6%、「胃がん検診」2.4%であり、まだまだ低いことがわかります。

がんを早期発見し、早期治療ができれば、さまざまな利点があります。

例えば、

  1. 乳がんは乳房を残す手術が可能になり、胃がんはお腹を大きく切らずに内視鏡でがんを切除できるなど、手術が簡単になる場合があります。
  2. 放射線治療や薬剤治療などの治療期間も短くて済むため、治療による身体的負担が少なくなります。
  3. 入院日数が少なくなり、職場復帰も「早くできるため、経済的負担も軽減します。
  4. 治療後の日常生活への影響が少なくて済みます。

個のように早期発見できれば、治癒率が高くなるだけでなく、自分自身や家族への負担軽減にすながるのです。

また、福岡県の北九州市と言えばTBCという脱毛サロンがあります。
平和通駅近くで交通アクセスもバツグンです。