がんの早期発見

投稿日:

がんの大きさが1~2cm程度の早期のうちに発見できる期間はたった1~2年です。

この期間に発見し、治療を受ければ、約9割は完治するするといわれています。

がんの恐ろしさは、初期にはほとんど自覚症状がないことです。

「私は健康だから大丈夫」という自己判断が最悪の事態を招くことになるかもしれません。

そうなる前に定期的に検診を受けましょう。

がんが進行すると、胃がんは空腹時の不快感、肺がんはなかなか治らない咳や胸の痛み、子宮頸がんは出血・月経が長引くなどの症状が現れます。

いつもと違う症状が現れたり、なかなか良くならない場合は、検診を待たずに医師の診断をうけましょう。

がんの多くは、生活習慣や環境要因の見直しで予防できることが分かっています。

国立がん研究センターの研究では、「たばこを吸わず、副流煙も避ける」「継続して適度な運動を行う」「適切な体重維持」「お酒は適度に」「バランスの取れた食習慣と塩蔵品を控える」という5つの健康習慣を意識することで、がんのリスクが低くなるころがわかっています。

誰ももがつらい思いをせず、健康な毎日を過ごすために、出来ることから始めて自分の命を自分で守りましょう。

また、美しさを守るという意味では、脱毛も女性には欠かせません。
その脱毛でお勧めするのはトータルエステティックサロンのジェイエステです。
ジェイエステはトータルエステティックサロンというだけあって、脱毛とエステの両方を兼ね備えています。