魚に含まれている脂質には脳の若々しさを保つ効果や、命に関するさまざまなリスクを防いでくれる効果があります。

魚パワーで認知症を防いで脳をイキイキと保つ

魚が認知症を防ぐ働きをすることは、世界中の研究結果から明らかになっています。
これは、魚に含まれている「DHA」の効能によるものです。

背の青い魚の脂に含まれるDHAは高脂血症を改善し、心筋梗塞のリスクを減らすことが分かっていました。
認知症における研究でも、アルツハイマー病がかなり進行したマウスにDHAを3ヶ月与えたところ、アルツハイマー病の特徴として脳に現れる老斑の面積が40%も減少したのだそうです。
魚のDHAパワーは、アルツハイマー病や認知症においてとても有効なことが証明されたわけですね。

DHAが豊富に含まれている魚は、マグロやブリ、サバ、サケ、サンマ、マイワシなど。

生魚が苦手という人も多いと思いますが、嬉しいことにDHAは、干物でも摂取できるのだそうです。
脳を若々しく保つためにも、1日1切れを目標に取りたいですね。

サケの色素、アスタキサンチンには、健康長寿をサポートする効果が

また、若々しさと長生きに欠かせない魚といえば、サケです。
サケの赤身には、抗加齢効果があるのです。
これは、サケのいわゆるサーモンピンクを作っている「アスタキサンチン」という色素のおかげ。

老化や動脈硬化の原因の一つに、体の酸化がいわれていますが、アスタキサンチンは、抗酸化力がとても強いのです。
サケは、ビタミンA・B2・D・Eや、DHA、EPA(DHAと同じく魚の脂肪分)なども豊富です。