体を芯からポカポカしてくれるお風呂は、風邪の時にも効果的です。

風邪のときはお風呂を活用しよう

風邪を引いているときは、お風呂に入ってはいけない、と思っている人も多いと思います。
ですが、風邪を引いたときこそお風呂をうまく活用してほしいのです。

湯船につかると効率的に体を芯から温めることができます。

お風呂で体を十分に温めると免疫や代謝機能を上げることになり、眠っているときの体力の回復に役立つというわけです。

寝汗などでベタベタした体もさっぱりするので、気分も爽快になりますね。

ですが、お分かりのことと思いますが、もちろん長湯はNGです。
温まったら、サッと湯船から出て、温かい寝間着に着替え、ダラダラとせずすぐにベッドに入るようにしてくださいね。
湯冷めは風邪を悪化させてしまいますから。

そして、ぐっすり休養を取りましょう。

コップ1杯の白湯も忘れずに

お風呂上がりには水分を摂取することも忘れないようにしてください。
理想は入浴30分前と後にコップ1杯の白湯を飲むようにすること。
これは普段の入浴でもいえることですが、風邪を引いているときは特に脱水症状を起こしやすくなっているので、意識的に水分を取る必要があるためです。
また、冷たい水よりも白湯のほうが、体への負担も少なく吸収率もアップするのでおすすめですよ。

風邪のときこそおすすめしたいお風呂ですが、あまりにも体力が落ちている場合や、高齢の場合はくれぐれも自身の体調とよく相談してから行うようにしてくださいね。