電車にのっている時間や持っている時間をエクササイズ時間に変えて、若々しいボディラインへ。

電車内はエクササイズに最適!つり革を使って筋力アップ

通勤などで毎日電車を利用している人も多いのではないでしょうか。
電車にのっている時間や待っている時間は、実はエクササイズに最適なのです。
筋力をアップして若々しいボディラインに整えていきましょう。
まずは電車のつり革を使った運動を三つご紹介します。

一つめは、一つのつり革を両手でつかんで、肩や腕の上部の筋肉を意識して、力を込めながら左右の手を押し合わせます。
これは肩こりも解消してくれます。
またバストアップ効果もあるので、女性には特におすすめしたいエクササイズです。

次は、片手でつり革につかまり、そのままつり革が体の真横に来るように胸を開き、腕に力を込めて真下に引き下げるようにしてみてください。
そのまま8秒間キープして、これを左右行いましょう。
背中の脂肪を燃焼させて、美しい後ろ姿を手に入れることができますよ。

最後は、ポッコリおなか解消エクササイズの紹介です。
まずつり革を片手で持ち、あごを引いて、バランスを崩さないようにして、両足をそろえて立ちます。
次に背筋を伸ばして、おなかとお尻に力を入れて引き締め、息を吐きながら両足のかかとを上げます。
そして息を吸いながらゆっくりかかとを下していきましょう。
このエクササイズは、おなかの脂肪の燃焼と下半身の筋力アップに役立ちますよ。

電車で座っているときは脳を活性化させる運動を

座席に座っているときだってエクササイズはできます。
それは脳を活性化させる運動です。

まず右手をグーにしてリズミカルに右の太ももを叩きます。
右手はパーにして同じリズムで左の太ももをさすってください。
次に左右の手の動きを入れ替えて右手をパーにしてリズミカルに右の太ももをさすり、同じリズムで左の太ももを叩きましょう。

指や手先を使う運動は、最も簡単に脳を活性化させることができます。
また、太ももは緊張しやすい筋肉なので叩くことでマッサージ効果も得られますよ。

電車を待つ時間を使って体のゆがみを改善する

電車を待っている時間、足をクロスさせたり、片方の足に体重を乗せたりするポーズを取っていませんか?
これは体をゆがませて、肩こりや腰痛、歯の噛み合わせや消化器官にトラブルを起こすおそれがあるポーズ。
待っている時間を利用して姿勢を矯正していきましょう。

まず、足の付け根からかかとまでをまっすぐ伸ばし、つま先を正面に向けて、足を10cmほど開きます。
次に腰を引いて腹筋に力を入れて、上体をしっかり起こします。
続いて両肩の高さが同じようになるようにして、肩甲骨を引き締めて胸を開き、最後に目線を真正面に向けます。

このエクササイズは一度覚えてしまえば、とても簡単。
行ってみると、全身がとても楽になるのを感じるはずです。
このとき呼吸は腹式呼吸で行うように意識してみてください。
体幹を鍛えることができるので、腹筋が付いてポッコリおなかを解消できるだけでなく、全身の代謝が上がりメタボを予防できます。