不快な胃もたれは寝方に気を付けることで改善。
胃を助けてあげることができます。

胃もたれを改善するためには右横向きに寝る

年齢を重ねるごとに、胃に悩みを抱える人も多くなります。
特に胃もたれは日常生活の中で不快な症状ですよね。
しかし、この不快感は胃の構造に合った姿勢を取ることで改善できるのです。

胃で消化されたものを腸に送り出すときに一番ベストな姿勢は、体の右側を下にして横向きに寝ることです。
仰向けに横になると、消化したものがずっと胃にたまった状態になりがちなので、胃もたれしているときはNGです。

右側を下にして5分間以上横になり、胃もたれを改善させましょう。

日本人に多い瀑状胃

日本人には体質的に胃での消化に時間がかかってしまう人が、10人中2~3人はいるといわれています。

この体質は、「瀑状胃」と呼ばれているものです。
食べたものが胃上部に滞って、胃の下部で分泌される胃酸がうまく利用されず、結果胃酸が過剰に分泌されて胃炎を起こしやすい体質です。

この体質の人は1回の食事の消化に8時間近くかかることもあります。

健康診断などでこの体質であることを指摘されたり、症状が当てはまったりする人は、食後の姿勢を工夫して胃の消化をサポートしてあげましょう。

まず食後は体の左側を下にして横向きに寝ます。
次にうつぶせになり、最後に右側を下にして横になるように。
そうすることで胃の消化と消化物の移動を助けることができますよ。