肌のくすみや皮膚の老化を抑えるためには、洗顔が重要です。
皮膚細胞の入れ替わりサイクルは、若い人の場合約28日、そうでなくとも1ヵ月半といわれています。
古くなった皮膚細胞(あか)を軽く落とすことで、ハリのある若々しい肌を作る手伝いができるのです。

しかし、もしも顔を洗い過ぎてしまうとどうなるのでしょう。
折角生まれつつあった新しい皮膚にダメージを与えることになってしまいます。
また、皮膚を保護するために分泌される皮脂を洗い流すと、肌の乾燥を招きます。

乾燥や吹き出物などの肌トラブルが起こってしまったときも、洗い過ぎは厳禁です。
洗顔料に保湿効果や殺菌効果があったとしても、それを使い過ぎると刺激で肌にダメージが。
決められた使用回数や容量を守り、一度に長時間洗い続けないよう注意しましょう。