糖尿病を放置しないでください。

医療機関や検診で糖尿病と言われたことのある人の中で、「治療を受けていない」人の割合は男女ともに働きざかりの30~40代が最も多く、約6割が未受診か治療を中断しています。

糖尿病を予防し、重症化を防ぐためには

  1. 食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足などの生活習慣を改善し、インスリンの過剰な分泌を予防し、自分の膵臓を守ってください。
  2. 糖尿病の早期発見・早期治療のために毎年の検診、必要な保健指導を受けてください
  3. 糖尿病と診断されたら、運動療法、食事療法、服薬をきちんと継続し、血糖値を管理することがなによりも大事です。治療が中断している人は再度受診して自分の検査データを確認し、ヘモグロビンA1c値をコントロールしてください
  4. 糖尿病関連のイベントに参加して、糖尿病予防に取り組みましょう。

糖尿病関連イベントの例

糖尿病フェスタ

講演会や血糖値測定、個別相談などが受けられます。

世界糖尿病デー啓発街頭活動

コンサートや講演会、糖尿病関連パネル展示、血糖値測定などが受けられます。