立ち仕事は足腰に大きな負担がかかります。
こまめに疲れを和らげて、腰痛や足の痛みの悩みを取り除きましょう。

片足を台の上にのせるだけで足腰の疲れが軽減できる

長時間立ちっぱなしでいると足や腰などに負担がかかり、疲れがたまってきますよね。
そのままにしていると、血行不良になり足のむくみや、筋肉が固まってしまって腰痛などを引き起こす原因にもなりかねません。

そこで、そんなときは立った状態のままで片足だけを、高さが20cmくらいの台の上にのせてみることをおすすめします。

片足を台にのせると、股関節やひざの関節を軽く曲げることになります。
この状態でいると、腰の負担を大幅に軽減させることができるのです。
しばらくしたら、左右の足を替えてみましょう。

これは、立ち仕事の間はもちろんのこと、待ち合わせ中などにもおすすめです。
20cmくらいの台は以外にあるものです。
例えば、駅前で待ち合わせをしている場合なら、ロータリーにある花壇のふちなどがぴったりかもしれませんね。
日常生活の中で、足腰のリフレッシュに適したベストスポットを見つけましょう。

顔を洗うときなど、スキマ時間をみつけてやってみよう

他にも、片足のせは顔を洗うときなどにも行うといいでしょう。
というのも顔を洗うときは、洗面台に前かがみならなければいけないため、腰にかなり負担がかかっている状態だからです。
そのままでは毎日の行動が積み重なって、やがて大きなダメージになってしまいます。

洗顔中に行うときは、さらに足を前後に開いた姿勢で行うと、より効果的に疲れを取ることができますよ。