全身の中で一番大きな筋肉である太ももを鍛えることで、いつまでも若々しくいられます。

筋肉の集中した下半身!太ももを中心に鍛えて健康に

私たちの全身の筋肉の約7割は下半身にあります。
中でも一番大きい筋肉が太ももの前の「大腿四頭筋」と太ももの後ろの「ハムストリング筋」です。
これらの大きな筋肉を鍛えれば、一気に基礎代謝が上がり、脂肪燃焼力をアップすることができるというわけです。

そこで効果的に太ももを鍛えるためにおすすめしたいのがスクワットです。
このスクワットを職場で席を立つときや、トイレ休憩のときなどのちょっとしたスキマ時間を利用して、毎日こまめに行ってみてはいかがでしょう。

普段運動していない人は、10回でも最初はかなりきついと感じるかもしれません。
疲れているときは、10回でなく5回でもOK。
要するに少しの運動を積み重ねることが大切というわけです。

無理せずゆっくりと!スクワットのやり方

ここで、あらためてスクワットのやり方を確認しておきましょう。

まず、足を肩幅に開き、つま先は左右平行になるように立ちます。

次にゆっくりと膝を曲げていきます。
太ももが床と平行になるくらいまで曲げてください。
同時に、両手は前に伸ばします。
このとき腰が反らないように注意しましょう。

あとは、ゆっくり元の位置まで膝を伸ばせがOKです。
これを10回ほど繰り返せるように続けていきましょう。

下半身を鍛えていつまでも若々しく活動できる足腰を手に入れると同時に、基礎代謝をアップさせてくださいね。