平熱よりも1度以上体温が高いときを「熱がある」といいます。
これは体の防衛反応であり、ウイルスや細菌と自分の免疫力が闘っているサインなのです。

ウイルスや細菌は熱に弱いため、体温を高めることでこれらを弱体化させ、体を守る白血球の援護をしているのです。

熱が出ること自体を悪いことだと考えてしまう人がいますが、体に悪いことが起こっていて、それに立ち向かうために熱が出ていると考えた方がいいでしょう。
それなのに、熱が出てすぐに解熱剤を飲んでしまう人がいます。
これでは白血球ではなく、ウイルスや細菌を援護しているようなものですね。

ただし、熱が38度以上出てしまうようなケースでは、体への負担を考えて、解熱剤を使った方がいいでしょう。