いい眠りには、ストレスや疲れを解消する効果があります。
寝つきが悪くて困っている人は、寝る前に軽めの運動をしましょう。

寝る前の運動で血行を良くして、快眠できる状態に体を調整

質のいい睡眠を取ることは、健康で長生きをするためにとても大切です。

ですが、日々仕事や家事で忙しく、ストレスや疲れがたまりがちな現代人は、不眠や寝付きの悪さに悩まされている人も多いとよく聞きます。
あなたはよく眠れるでしょうか。

実は、快眠のためには、寝る前に軽い運動をすることがとてもいいことが分かっているのです。

これには、軽い運動をすることによって血液循環がよくなって、脳と体の緊張がほぐれるためということが考えられます。
リラックスすることで、質のいい眠りに導いてくれるわけです。

また同時に眠っている間にしか分泌されない成長ホルモンも、たっぷり出るようになるのです。

成長ホルモンは疲労回復物質を分泌したり、さまざまな細胞を元気によみがえらせてくれるホルモンです。
若々しさを保つことに一役買ってくれますよ。

ベッドサイドでできる運動で十分!ハードな運動は逆効果

それでは軽い運動とはなんなのか、具体的には軽い足踏みやストレッチ、10回程度のスクワットなどが挙げられます。
このように、本当に手軽にできるものでかまわないのです。

逆に汗をかくほどの運動をしてしまうと、体の睡眠モードがリセットしてしまうので避けた方がよいでしょう。
寝る前に軽くベッドサイドで行って、ぐっすり心地いい睡眠に入ってくださいね。