人間にとってなくてはならない生命の源である水。
たっぷりと満たしてあげることは健康と長寿を叶えてくれます。

老化が進むと知らないうちに水分不足になる

私たち人間の体の6割は水分で作られています。

体の中の水分は、体を動かしてスポーツをするときに失われます。
ですが、それ以外でも、呼吸や体温保持などに使われていますし、肌の表面からは絶えず水分が蒸発しているのです。

体の中から水分が足りなくなると、のどが乾いて水を飲みたくなります。
これをコントロールしているのは、脳の視床下部という場所です。
ですが、残念なことに視床下部のこの機能は、年齢を重ねるごとに衰えていってしまうのです。

意識的に水を飲んで若々しく!代謝&肌ツヤがよくなる

私たちの体は、新生児の時は約8割が水分で満たされています。
大人になるとそれが、約6割になるのです。
そして高齢者になると、約5割になってしまうといわれています。

つまり、老化とは、体の中から水分が奪われることでもあるのです。

体内から水分が失われ始めるとまず、新陳代謝が衰えてきます。
血液やリンパの流れが悪くなり、体に老廃物がたまっていくのです。

肌も潤いがなくなり、シワやたるみが引き起こされます

いつまでも若々しくしるためにも、水分はい意識的に摂ることをおすすめします。

水分補給の上手なタイミングは1時間半おきにコップ1杯

1日に必要とされる水分の目安は2.5リットルほどとされています。
そのうち1リットルは食べ物から取ることができ0.3リットルは体内で作られるため、水として飲むべきは1.2リットルです。
運動をして汗をかいたときなどは、これにさらにプラスして摂取するようにしましょう。

とはいっても一気飲みするのは禁物ですよ。
理想は、1時間半おきにコップ(200cc)1杯です。
運動中なら15分に1杯を目安に飲むといいでしょう。

体から水分失われるのは、日中や運動中ばかりではありません。
入浴中や就寝中にも、大量の汗をかいてしまうのです。
それを補うベストタイミングは、朝起きた直後と寝る前。
ですが、寝る直前に冷たい水を飲むと、胃の負担になってしまいます。
胃へのダメージを防ぐため、常温の水を飲むように気をつけてください。

夜中に目が覚めてしまったり、トイレに起きたりしたときも、水分補給のタイミング。
忘れずに飲むようにしましょう。

水の種類と使い方に気を付けてみよう

ミネラルウオーターは大きく、軟水・中軟水・硬水と分けることができます。

メタボリックシンドロームやダイエットのためには、カルシウムやマグネシウムが豊富な硬水がベスト。

ただし、硬水は胃腸に負担をかけやすいため、胃腸の弱い人の水分補給には向きません。
下痢をしてしまう場合があるのです。
気になる場合は、軟水や中軟水を選びましょう。

体内を水でたっぷり満たすことは、若々しさやアンチエイジングになるだけではありません。
体質改善ができるのです。
むくみや便秘が解消されて、無理なく自然に痩せやすい体に変化させることができますよ。