忙しい朝は、朝食なしという人はいませんか?
それが将来的に認知症や肥満を招くおそろしい習慣だとしたら…?

脳のエネルギー不足は認知症の原因になりうる

あなたは毎朝、きちんと食事をしていますか?
朝食は体を動かすために必要不可欠なものです。
もしも朝食を抜いて過ごすと、どんな悪影響があるのでしょうか。

食事を取ると血糖値が上がります。
これはつまり、食事で摂取した栄養素のうち、糖質が分解されて全身に運ばれているということ。
糖質は人間を動かすエネルギーとして、なくてはならない物質です。

特に脳が働くためには、たくさんの糖質が必要のになります。
朝食を抜くということは昼間に脳を働かせるためのエネルギー補給をしないということ!
これでは午前中ずっとぼーっとしてしまって、動くことができません。
さらに脳へのエネルギー不足が毎日起こると、脳の機能が徐々に衰えて認知症の原因になってしまいます

生命を維持するためには、何もしない状態でもエネルギーが必要です。
寝ている間も、糖質を含むたくさんのエネルギーを消費しています。
毎朝、エネルギーが空っぽになった体に補給をしてあげましょう。

朝食なしは逆ダイエット!?肥満のリスクが高まってしまう

食事を取ると血糖値が上がることは説明しましたが、空腹の状態で食事を取ると、血糖値は普段より急激に上がります。
すると、体内で血糖値を下げる役割を果たすホルモンであるインスリンが過剰に分泌されます。
血糖値が急激に下がると今度は体がエネルギー不足を訴え、必要以上にお腹がすいてしまいます。
その結果、普段よりも食べすぎてしまうのです!
ダイエットをしたい人も朝食は忘れずに!

そして、脱毛をしている人も朝食は忘れないように!
脱毛は意外と体力を使います。
また、脱毛をする日は体調を整えておくのも基本です。
そのためにも脱毛の日は朝食を摂っておきましょう。
脱毛についてはこちらのサイトが参考になるかと…。
http://about-レイビス.com