人より食べるスピードが早い。
あなかをいっぱいにして寝ている。
このような食生活では、やがて必ず肥満になります!

食事はゆっくりと取るのがルール

あなたは、1回の食事にどれくらいの時間をかけていますか?
一度、自分の食事にかかる時間を計ってみましょう。
朝食や昼食に10分もかけていないという人も多いのではないでしょうか?

医学的には1回の食事に20~30分間かけることをおすすめします。
その理由は、脳にある満腹中枢に「おなかいっぱい」という信号が届くまでに約20分間かかるため。
これよりも短く食べ終わると、必要以上に食べ過ぎてしまい、肥満を招くのです。

人間にとって食べることは生命維持に欠かせない行為であり、心を豊かにしてくれる幸せな時間でもあります。
旬のものや食材を味わうようにして、食事をもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

また、食事の最中の箸休めの時間を作るようにするのも早食いを防止するコツ。
時折、箸おきに箸をおいてお茶を飲むなどするようにしましょう。
ゆっくり食事を取ることは肥満を防ぐだけではなく、胃などの消化器官にとっても、いい行動なのです。

夕食は軽めにして、夜遅くは食べ物を口にしないのが理想

朝や昼に食べ物をあまり口にせず、夜にまとめて食べる生活は、肥満の最大の原因になります。
食事の時間が遅いとエネルギーとして消費する時間が取れず、脂肪としてため込むことになるのです。

朝食や昼食をしっかり取り、夕食は軽めにしましょう。
そうすれば、寝ている間に自然に体重をコントロールできます。
できれば、夜9時以降、それが難しければ夜11時以降は、食べ物を口にしないのが理想です。