毎日の家事で、体に負担を抱えている人も、多いのではないでしょうか。
ほんの少し姿勢に気を付けるだけで、かなり楽になります。

姿勢に気を付けるだけで腰への負担が大きく減る

毎日行わなければいかない家事は意外と体力を使うものです。
腰疲れがたまっている…なんていう人もいるのではないでしょうか。
これは台所仕事や掃除などを行うときに、気が付かないうちに前かがみになっていることが原因かもしれません。
そこに大きな落とし穴があります。

実は前かがみ姿勢は、腰にかかる負担が直立時の1.5~2倍以上と言われているのです。
日々行う家事でそれだけ体に負担がかかるのは良くありませんよね。
腰痛の原因にもなりかねません。

そこで、少しでも家事を楽に行うために気を付けていただきたいのが姿勢です。

例えば掃除機をかけるときは、掃除機の柄を長くして使うようにしてみてください。
自然と背筋を伸ばすことができます。

雑巾がけも片方の膝を床に付ければ、背筋を伸ばして行うことができます。

腰に負担をかけず、家事の最中にエクササイズ

また家事には、かなりの運動効果があることが分かっています。
例えば、標準体型の成人の場合、20分間のストレッチは27~34キロカロリー消費するのに対し、同じ時間お風呂掃除をすると51~64キロカロリー、掃除機をかける場合は、46~57キロカロリー消費することになるのです。

そこでさらに姿勢にも気を付ければ、より代謝を上げ、脂肪を燃焼させることができるというわけです。
姿勢を良くすることで、腹筋を鍛えられ、腰に負担をかけずにインナーマッスルを鍛えることにもつながります。