毎朝のあいさつを意識的に行うことで、若々しい脳を手に入れることができますよ!

脳が衰えないように、声を出して元気なあいさつを!

あなたは毎日、自分から進んであいさつをしていますか。
高齢者の施設を運営している人の話によると、自らあいさつできる人は認知症になりにくいのだそうです。
普段から声に出してあいさつをするようにしたいものですね。

コミュニケーションの基本であるあいさつは、家族や友人だけでなく、あまり交流のない知人にもすることをおすすめします。

最初は、無視されるのではないかとドキドキして勇気がいる行動かもしれません。
ですが、あまり知らない相手とコミュニケーションを取れるようになるということはアルツハイマー病を防いで、認知機能の低下を防ぐ有効な手段であることが分かっているのです。

本も声を出して読もう 音読で脳を活性化!

本を読むときも、声に出しながら読む「音読」をするようにしましょう。

音読する際、脳は列になっている文字を認識し、意味を理解します。
それから発語するための運動機能が加わります。
これには脳の前頭連合野、側頭連合野、前頭前野の下前頭回などなど、さまざまな領域が活動する必要があるのです。
実際に認知症の患者に音読をしてもらったところ、認知機能の低下を防げたという報告もあります。
毎朝、新聞を読む習慣のある人であれば、それを音読してみてはいかがでしょうか。

噺家など話すことのプロは、かなり高齢になっても元気な人が多いですよね。
このことからも、「声を出す」ということは脳のためにとてもいいと考えられます。