コーヒーにはさまざまな病気のリスクを減らし、美と健康長寿をもたらす素晴らしい効果があるのです。

がんを予防するために毎日コーヒーを飲もう

コーヒーは不眠や、胃を荒らす原因になると思って、飲む量を節制している人も多いのではないでしょうか。

コーヒーは発見された当初、頭痛や心臓の薬などとして使用されていました。
実は昨今、コーヒーの健康効果がさまざまな研究機関から発表されているのです。

日本の国立がん研究センターの研究グループは、40~69歳までの男女約9万人を約10年間追跡調査し、「1日に5杯以上コーヒーを飲む人の肝がん発症率は、コーヒーを飲まない人の4分の1」と発表しました。
これにより、コーヒーの抗酸化、抗炎症成分が肝炎の進行を抑えて、肝がんへ進行するのを止めていることが推測されます。

日本人女性は、がんの中でも大腸がんによる死亡率がもっとも高いと言われています。
ですが、岐阜大学の研究グループが1992年から8年間にわたって、35歳以上の地域住民約3万人に行った調査結果によると「コーヒーを飲まない人の大腸がん相対リスクを1とした場合、毎日1杯以上飲む人は男性で0.81、女性で0.43」。
なんと女性においては、大腸がん相対リスクが半分以下に抑えられていることが分かりました。

認知症やアルツハイマーの予防にも効果的

フィンランドとスウェーデンの合同研究チームが20年以上にわたり50代の男女1409人を対象に、コーヒーを1日にどれだけ飲むかについて、「2杯まで」「3~5杯」「6杯以上」のグループに分けて追跡調査を行いました。

その結果、「中高年の時にコーヒーを1日3~5杯飲んでいたグループは、高齢になったとき、それ以外のグループと比べて認知症やアルツハイマー病を発症するリスクが60~65%も低い」ことが判明したのだそうです。
このとき、紅茶では差がなかったとのこと。
また、オランダの研究グループは、世界中の9件の大規模な追跡調査の結果をまとめて、「コーヒーを1日に6~7杯飲む人は、2型糖尿病の発生率は0.65倍」と報告しています。

コーヒーは現在において、さまざまな健康効果が実証されたわけです。

肌が黒くなるという噂はウソ!美容効果も抜群のコーヒー

コーヒーには、「肌が黒くなる」「シミになる」などなど、美容によくないという噂がいくつもあります。
ですが、実際は全くの逆です。
コーヒーには女性の大敵であるシミを予防する効果も発見されているのです。

お茶ノ水女子大学大学院の近藤和雄教授は、30~60歳までの女性131人のシミを、肌の奥の組織に隠れているシミまでチェックできる機械で測定しました。

被験者を「コーヒーをまったく飲まない」「たまに飲む」「1日1杯飲む」「1日2杯以上飲む」とグループに分けて行ったところ、「コーヒーを飲む量が多い人ほど、紫外線によるシミが少ない」という結果が出たとのこと。

つまり、コーヒーは健康効果があるだけでなく美容にも効果的な、ミラクルドリンクだったというわけです。

ぜひ一息つきたい休憩時には、コーヒーを飲むようにしましょう。