入浴によって体を温めると代謝がアップしますが、洗い方にも気を付けることで効果が倍増します。

入浴によって免疫を高めれば心も体も健康的になれる

新陳代謝を高めることは、全身に新鮮な血液を巡らせて、栄養をしっかりと行き渡らせることにつながります。
体の免疫力や抵抗力を高めてくれるので、健康であるためにもとっても重要なことです。
ですが、特に寒い冬は体を動かす機会も減ってしまいがちですよね。
代謝も低下しやすくなっています。
そんなときは入浴時間を活用して簡単に代謝をアップさせましょう。

まずは、半身浴をして代謝を高めていきます。

半身浴とは、湯船にみぞおちがつかる程度まで37~39℃のお湯を張り、20~30分間ゆっくりとつかる入浴法です。
体に負担もなく芯から温まるので、冷え性に悩んでいる人や、ダイエット中の人にもおすすめの入浴法です。

半身浴でしっかり温まったら、いよいよ体を洗っていきましょう。

リンパの流れに沿って足先からやさしく洗う

まず、足先から洗っていきます。
このときは手で、もしくは軟らかいタオルなどを使うのが、肌にやさしいのでおすすめです。
もみほぐすように、こすり洗いをしていきましょう。

次に、ふくらはぎ、太もも、下から上へ、さらに背中、腕、胸という流れでこすり洗いをしていきましょう。
おなかは時計回りで円をえがくようにやさしく洗います。
そして、わき腹、鎖骨周り、首の順番で洗えば全身完了です。
これはリンパの流れに沿った洗い方なので、老廃物がすっきり押し流され、むくみも取れて体が軽くなりますよ。