自分に合った「運命の枕」を見つけることができれば、睡眠の質が大きく変わって若々しくなれます。

高過ぎても低過ぎてもNG、自分に合った枕の高さとは?

健康のために重要なカギを握っている睡眠。
上質な睡眠のためには、枕にもこだわりたいものです。
合わない枕は頭痛や肩こりの原因になります。

自分に合った高さの枕を選ぶための方法をご紹介しましょう。

まずはペアになってください。
枕の高さを測りたい人の方をAさんとしましょう。
まずAさんは自然な姿勢で立ってください。
そして、そのまま首を前方に深く曲げていきます。
このとき、ペアのもう片方の人はAさんの第7頸椎(首の後ろの付け根のゴリゴリした突起)を探します。
それからAさんは首を一度起こし、顔の角度を前方へ5~6度に傾けてください。
頭をゆっくり前後に動かして、首に負担がもっともかからない角度が5~6度です。
そして、もう片方の人がAさんの第7頸椎の下端に手のひらの下端を付けて、指をまっすぐ伸ばしましょう。
この状態で、中指と首の間(指と首の間の一番広いところの長さ)を測ります。
個の長さが頸椎弧の深さ。
そしてそれが自分に適した枕の高さです。

運命の枕を選びたければ素材にも気をつかって

枕の高さが決まったら、後は素材選びです。
ふわふわした素材が好きなら「わた」や「フェザー」、硬めなら「そばがら」など。
素材によって管理方法も異なるので、きちんとチェックするのを忘れずに。
また、枕は耳と鼻が直接当たるものなので、匂いや中の素材から出る音なども大切なポイント。
好みのものを見つけて快適な睡眠を手に入れましょう。