あなたは頻繁に人と会っていますか?
電話やメール、SNSばかりでコミュニケーションを取っていると、脳の老化が進んでしまうかもしれません。

メールやSNSを控えて人と直接会って脳を刺激する

昨今、ほとんどの人が携帯電話やパソコンを持っています。
人といつでもコミュニケーションを取ることができる、便利な時代になりました。
しかし、こうした機器を活用すればするほど、人と実際に合う機会は減っているのではないでしょうか。

実は、脳を若々しく保つためには、人と直接会うことこそが重要なのです。

人とのコミュニケーションは、心を温かく満たし健康にしてくれます。
そしてそれは、表情や感情が分かりやすい方法を取ったほうが効果的なのです。

また、初めて会う相手や、好きな人と会っているときは、特に脳が活性化することが分かっています。

初めて顔を合わせる相手と話すときは、少し緊張状態で脳をフル回転して会話する必要がありますよね。
これは脳にいい刺激になります。
好きな人の場合もそうです。
さらにドキドキして胸がときめけば血流もよくなります。
脳を活性させるためにも、どんどん人に会いにいきましょう。

自分独りの時間も持って脳に休息を メリハリを付けることが大切

人と会うことが大切なのと同時に、本当の意味で「独り」になる時間も、脳のために必要です。
携帯電話やパソコンを使えば、世界中の人とすぐにつながることができるようになりましたが、幅広い人や世代にSNSなどが普及し、常に誰かから監視されている気がすることはありませんか?

たまには携帯電話やパソコンと少し距離をおき、脳を休ませてリフレッシュさせることも健康の秘訣です。