タバコは気管や肺などにトラブルを起こしてしまうだけでなく、肌にも大きな害があるのをご存じでしょうか。

タバコを吸うと老け顔になる「スモーカーズ・フェイス」とは

タバコが健康に悪いということは多くの人が理解していることだと思います。
分かっているけど、やめられない・・・という人に知っておいてもらいたいのが、タバコの肌に対する影響です。

「スモーカーズ・フェイス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
タバコを吸う人の特徴的な顔のことで、肌は老化が進んでシワが増え、実年齢よりもはるかに老けた顔になるのが特徴です。

なぜ、肌に悪いのかというと、まず、タバコはビタミンCを消費してしまうのです。
するとコラーゲンの生成に必要なビタミンCが不足し、ハリやツヤがない肌に。
さらに、タバコは血行も悪くするため、唇や肌の色はくすんでどんよりとして、増えた活性酸素によってシミもできやすい状態になっているというわけです。
毎日見ている自分の顔だと気づかないかもしれませんが、これはさまざまな追跡調査においても分かっていることです。
防ぐためにも、タバコを今すぐやめることをおすすめしたいと思います。

ストレス解消目的であれば別の方法に変えるべき

タバコはストレス解消法なのでやめられないという人もいるかもしれません。
ですが、ストレス解消法はいろいろあるはずです。
例えば、自分の好きなペットや家族の写真を眺めるだけで、ストレスが解消されることが報告されています。
アロマオイルを楽しむなどもいいでしょう。

また最近は、禁煙パッチや禁煙ガムなどの禁煙を助けてくれるグッズも多いので、是非活用してみることをおすすめします。