トイレが近かったり、尿もれが心配な人は骨盤を引き締めて解決しましょう。

トイレが近いお悩みは改善できる

年齢を重ねるごとにおっくうになりがちな外出。
ただ本音は外出したいのに、外出を控えている人もいると聞きます。

その理由は、外出先のトイレの心配や、トイレが近いので一緒にいる相手に気を使わせてしまう、もしくは尿もれの心配を抱えている・・・などなど。

誰にも話せずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

東京都老人総合研究所が行った高齢者の閉じこもりに関する調査報告があります。

結果を見ると閉じこもってしまう人は、よく出かける人に比べて、2倍も死亡率が高いことが分かりました。
また、閉じこもると人と会わなくなります。
人とあまり合わない人ほど、アルツハイマー病など、認知症も発症しやすいことも判明しているのです。

認知症のリスクを減らすためにも、積極的に外出したいものです。
そこで、トイレの心配をなくすエクササイズをしてみましょう。

骨盤引き締めエクササイズ

トイレが近い、我慢ができない人には、骨盤を引き締めるエクササイズがおすすめです。
まず、床にあお向けになり、両ひざを立ててください。
そして、肛門をギュッと締めて、5秒間そのままキープ。

次に力を抜き、10秒間休みます。
そしたらまた肛門をギュッと5秒間引き締めてください。
このセットを3回程度繰り返してください。
同じことを、イスに座ったまま行ってもOKです。